2011年05月12日

ウソ

珍しく早く帰宅するとみんなが夕飯を食べ終わるくらいの時間だった。なんとなくいつもと雰囲気が違って妙に静か。知らぬ間にオレが何かやらかしたか?と一瞬思ったがいろいろ考えても思い当たることがない。
セガレが風呂に入りに行った後、妻から報告。
今日の家庭訪問で、5年になってからセガレが宿題を出していないことが判明。
ちょっと前の授業参観で担任が宿題の話しをしていたのに、セガレがいつも宿題はないと言っているのがおかしいなと思っていたら、実は宿題を出してなかったという話しをされたそうだ。
なにぃ!嘘ついてたってこと?どういうことだ!許せん!と一気にヒートアップするオレに「もう充分叱ったから、これ以上話さないで」と妻。しかし、オレが黙っているわけにはいかないだろ!そもそも担任は一ヶ月以上宿題を出さない子どもがいるのに家に連絡すらしないとはどういうことだ!もしかして小僧か!ちょっと担任にも話しを聞かないとな!と言うと「それもタオがいやな思いをするからやめてくれ」と。もしかして、スゲー宿題出してるようなら、文句言ってやるとさらにヒートアップするオレに「だから言わないでおこうと思った」とか言い出す妻。むぅ、なんだかいろいろ納得いかん。
風呂からあがったセガレに今日の宿題を見せろと言うと今日は漢字の書き取りプリント2枚と音読。なんで宿題やらなかった?と聞くと泣き出すセガレ。怒ってないから理由を言えと言うと「一回くらい出さなくても良いと思ってたら、それが続いてしまった。」と言い訳。
妻が口をはさんだりするのでたいした話しはできなかったが、「宿題やりたくなければやらなくてもいいけど、嘘はつくな。」と言って終わりにした。
自分だって嘘をつかない訳じゃないけど、ついて良い嘘とそうじゃない嘘はあると思ってる。でも、それは大人の都合の良い考えか。
子どもを叱って泣かせた後はいつも後味が悪い。
もうちょっと良い言い方はできなかったんだろうか?
それが本当に子どものためになったんだろうか?
そう言う自分はどうなんだ?って。
子どもだけど、セガレにはセガレの事情もあるだろう。
タオが毎日精一杯生きてるのはわかってるよ。
posted by わたる at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

no-title

おはよう!
はっきりしない天気。
でも、今日も一日笑顔で頑張ろう!
posted by わたる at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から