2009年02月26日

謎のおっさん

遭遇
2006年08月23日21:54
先週の土曜、セガレがカブトを捕りに行きたいというので近くの古墳に早起きしてGO!
間もなく「うんちがしたい!」と言うので急いでちょっと離れたコンビニに。途中野球場のバックネットに脚をかけているじーさんが。「じーさんなのに圧腿みたいなことしてるなー」と思ったけど「まさかね...」。
戻ってくるとさっきのおっさん(よく見るとじーさんよりは若い。が中年)陳式やってる。
「やっぱ圧腿だったんだー。後で話しかけるかなー」しかし、セガレが「速く速く」というので再び山へ。結局、収穫はカマキリ2匹。「もう、いい」というセガレを連れ、さっきのおっさんのとこへ。
一足違いでチャリで帰るトコ。チャリのサドルが異様に高く、おそらく中国人だろうと思う(顔も頑強なアゴが中国人っぽい)。結局話しかけず終い。確認はできなかったが、オレの民間武術探検隊の血が騒ぐ。おっさん、生粋の民間武術家と見た。

イブの朝
2006年12月25日23:42
例の中国人(断定)が練習している公園に馬の神様(ハニワ)を見に子どもとイブの朝出かける。寒い中、チャリをこいで行くと(子どもがチャリで行きたいと言うので)、陳式をしている民間人が。お、例のおっさんか!と思い、今日こそは話しかけるぞ!と気合を注入!。しかし、ちょっと目を離したスキにおっさんを見失い、むむむっと思っていると、槍の素振りをしながらデカイ公園をぐる〜〜〜っと回っているのに気づく。ほどなくして我々のそばにあらわれたおっさん。以前見たときとはちょっと様子が違うが、薄汚れたトレーナーに軍手着用、槍はおそらく鉄パイプにビニールテープを巻いたような(しかもいびつに微妙に曲がっている)シロモノ、無精ひげ加減も間違いなく100%民間中国人。オレは元気よく「おはようございます!」と話しかけてみた。おっさんは一瞬たじろいだように呻く。日本語がそんなにうまくないんだ!もう120%確実!「悠是中国人口馬?(中国人ですか?)」と中国語で話しかる。しかし!意に反して返ってきたのは「え、なんですか?」という流暢な日本語(^_^;日本人だったよ。話しをするとオレが一番始めに武術を習った精武体育会日本支部の人。故伊藤先生の事などをいろいろ話す。先生亡き後も有志で高崎武道館で活動を続けているそうな。今度時間を作って練習に行ってみたい。

*やはり昔mixiに書いたものです。
posted by わたる at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 民間武術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27240924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック