2010年01月11日

新年会

.jpg 昨日は協会の新年会でした。オレと同時代に練習していた面子が結構揃って大いに盛り上がって楽しい時間を過ごしました。オレが20代〜30代にかけて、練習量で言えば最も多くやった時の仲間達。感覚としては戦友みたいな。あの当時はとにかく数をやりました。たまに合宿もやって朝から晩まで練習したり。いつも練習が終わる頃にはTシャツはもちろん、パンツから靴下まで汗びっしょりでした。何年振りにあっても気持ちは一気にあの頃に戻って気兼ねなくなんでも話せる兄弟弟子です。
 毎年この場で昨年頑張った人とかの表彰があって、大抵は支部長とかがもらったりしますが、今年は練習を皆勤した人(2年皆勤だそうだ)に功労賞(皆勤賞かも)が授与されました。あと餃子之助くんももらってたけど、DVDの編集とか練習をがんばったからかな?オレも毎年功労賞をもらっていますが、もう大したこともしてないし、オレなんかより若手で頑張ってる人にあげたほうが良いんじゃない?と思っていたので良かったです。

 先生が煙台の同系列の通背拳家の映像を撮ってきて、「この人、私の通背拳とはちょっと違うけど、とても上手いよ。脚が悪いけど、そんなの全然わからない。手はすごく柔らかくてとても早いよ。見てください。」と言ってDVDをくれました。滅多に人をほめない先生がここまで言うのは珍しく家に帰って見ましたが、なるほど確かに功夫のある人でした。関係者には後ほど。

 あと先生から秘宗拳の套路(徒手と器械)を記録として残したいと話しがありました。今後、協会として企画を練って進めて行きます。

 新年会の会場は蒲田の香楽園という中華料理屋。中国で食べるのと同じ味で、どれも美味しかったです。たぶん料理に詳しい人が見たら、料理功夫が高いのがわかるんだろうけど、昨日の面子では正しく評価できる人は石田くんだけのようで、申し訳なかったです。切り方とか細工とかかなりしてあって、味も良かったけど、見た目もとても良かったようです。

posted by わたる at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中武術交流協会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34685407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック