2010年03月07日

「オレの知ってる先生の武勇伝」その3

短い話しなので二ついきます。

「電車吊革事件」
先生から聞いた話し。
割と混んでる都内の電車内でのこと。
先生が吊革につかまって立っていると、隣りに立っていた一見リーマン(注:サラリーマン)風の男が肘をグイグイ、グイグイおしてくる。
ヨドバシ事件から年数も経って、多少温和になった先生は「アナタ何するの?」と問いただした。
しかし、男は無言であいかわらずグイグイ。
ちっこい中年のおっさんが何を言うとでも思ったのか。
バカな男よ。やはり[才率]を喰らい、謝ることになったという。

教訓
「人はみかけによらぬもの」
「電車の中ではお行儀よくしましょう」
「人からモノをたずねられたらキチンと返事をしましょう」



「仕事絡み格闘技男事件」

やはり先生から聞いた話し。
仕事でとある会社に行った時のこと。
仕事の話しも終わり、向こうの社員と世間話をしているうちに先生が中国武術をやっていることに話しが及ぶとその場にいた外国人が興味を示す。
自分はある格闘技をやっていると言う。
中国の武術はどうなんだ?オレのやってるのはこんなにスゴイぞ、おらおらぁ〜と先生を挑発しだした。
得意先でのことでもあるし、最初は大目に見ていた先生も遂にプッツン。
カレの得意な蹴りに合わせて、繰り出された通背三絶招の一つ、断魂掌(鑽拳)炸裂!
哀れ自称格闘技男は失神したそうな。

語句解説(出典:民間武術探検隊辞典(技術編))

○通背三絶掌
  迷魂掌、追魂掌、断魂掌の三つ。それぞれ拍掌、鑽拳、撩陰掌の別名である。

○透骨拳
  中指の第二関節を突き出すように握る。うちでは表の握り方と裏の握り方の2種類がある。表は普通のヤツに、裏はイヤなヤツに使え!この時、裏の握りを使ったかは不明。
posted by わたる at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 民間武術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39470547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック