2011年01月23日

練習日記群馬支部2011.01.16

練習日記群馬支部2011.01.16 09:00〜11:20浜川運動公園
参加者 川村、谷川、加治、関口
雪の予報が出ていたようだが、まぁまぁの青空。但しかなり寒い。
いつもは準備運動の後、圧腿から始めるが今日は寒いので通背基本功から始める。
寒いけれど、揺臂法の前揺、後揺、双手が終わる頃には身体がポカポカ暖かくなる。
そのまま、揺腕法、揺腰法、揺身法、開合、悠帯、撒網式。
その後は移動しながらの基本功。上歩(一歩進める)と進歩(半歩進める)の説明をして、tuo歩の練習。tuoは「施」の編が手編の字。中国語で「引きずる」という意味。少し多めに上歩して多めに出した分、後ろ足を引き寄せる歩法。
tuo歩を練習した後、挿掌、挑掌を合わせる。
その後、磨手。磨手は蛇形歩で行う。蛇形歩はジグザグに進める歩法。相手に対して45度の角度になる。
最後に伸肩法。注意点はたくさんあるけど、まずは中心から伸ばす。中心に戻す。
次、五行掌。寒いから行状(活歩とも言う。歩きながら行うこと)で練習。一歩、上歩する間に三発打つ。[才率]と拍を行う。
次、散手。右引手左補手右鑽拳左補手右拍掌(もちろん逆も行う)、歩法は進歩のtuo歩。
鑽拳は引手から引かずに打つ、二度目の補手は相手の意識をそこへ散らすためと拍の威力を高めるために行う。鑽拳は低く、拍は高く。二つの技だと思わず、二つで1セットと思って行う。
今日は初心者が多かったので散手はこれのみ。繰り返し繰り返し行う。手は早く動くけど、足はまだ遅いので、足に手を合わせるようにしてだんだん早くできるように。
最後に五歩拳。虚歩を多用する通背拳だけど、馬歩、弓歩、独立歩、歇歩、仆歩、四六歩もきちんと出来て下半身が安定しないとダメ。
整理体操の後、養身法のつもりが、今日やったのは練功十八法の一つだった。
関口くんと来年の協会30周年記念の話しと昇段審査の話しを少し。
そろそろ帰ろうかなというところで、中学の時の同級生が来ていたのに気づく。
なんと30年振り!ちょっと前にmixiで再会して、見に来たいと言っていた。
途中でメールもらってたけど、気づかず。
こんな寒い日に最後までいてもらって、ちょっとしか話しができなくてすまなかった。
これに懲りずまた機会があれば遠慮なくどうぞ
posted by わたる at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42801020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック