2009年01月12日

どんど焼き

群馬ではよくやってる話しは聞いていたけど、生まれて初めて参加してみました。
早めにつくと地域のじいさん達が仕切って準備をしていました。

25872226_2997373365.jpg

「おらおら、こういうのはオレ達に任せろよ」って感じが小気味よく、オレの目指すべきじいさん像が見えました。
櫓の組み方にも手順やシキタリがあるようで伝統の重さを感じます。

25872226_2444595022.jpg

お偉いさん挨拶の後、いよいよ点火!

25872226_2171850880.jpg

灯油(ガソリンか?)を撒いていたので一気に燃える!豪快!
竹のはじける音がスゴイ!
煙もスゴイ!太陽が隠れてあたりが暗くなるほど。
しばらくガーっと燃やした後、櫓も崩れ火力も一段落したところで、
竹ざおの先端に餅やするめなどをつけて焼く。焼けたら食べる。

25872226_3602288171.jpg

うまく焼くにはちと道具を工夫したほうがよさそうでした。
今回は特に準備してなかったので、会場に用意してあった竹と針金のみで焼きましたが
金網とかアルミホイルとかあるとよさそうです。(用意してた人もいました)

25872226_216328320.jpg

係りのかあさんらが準備してくれたけんちん汁やお汁粉も振舞われる。
けんちんはキノコがたくさん入っていてスッゲーうまいっ!
オレの人生の中でベストオブけんちんでした。
posted by わたる at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43511773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック