2011年05月09日

今日の出来事 5/9

朝、涙が出そうなほど心がふるえる出来事があった。
短い時間だったけど、相手の気持ちがよくわかった。
でも、オレはうまく話すことはできなかった。同じことばかり言っていたかも。
願いは叶うと信じている。信じているだけじゃもちろんダメだろうけど、
まず信じないことには叶うものも叶わない。
強く信じて自分が今できることをする。決してあきらめずに。
直ぐに叶わなくてもいい。いつか叶う時がきっと来る。
そう信じてそれぞれの役目をしっかり果たそう!

今週末、中学の同窓会がある。すごく楽しみにしている。
今日、同窓会に来る予定だったけど、急な都合で欠席になってしまった先生から電話がかかってきた。オレの体育の先生。「楽しみにしていたけど、申し訳ない。みんなによろしく伝えて欲しい。中学の時にみんなが書いた文章があるので、それを持って行こうと思っていたが、次の機会にとっておく。」と。オレ達が卒業してから30年経っている。先生は30年、大切にそれをとっておいてくれていた。オレの担任の先生ではなかったので、オレの文章はないと思うけど、そんなの関係ない。先生ってスゴイ。
やはり、都合がつかず今回来られない先生がいる。オレの担任だった先生。
連絡はオレがした。電話をして「新井亘と申しますが..」と言っただけで、オレであるとわかってくれた。何年卒業の何中の、と言う前に。名前だけで。その先生は去年定年退職している。それまでに何人の生徒を受け持ったのか?何百人?もしかしたら何千人?それなのに名前だけでわかる先生ってスゴイ。
話しはもどるが、体育の先生(今は校長先生)の学校にオレ等の同級生が訪ねていって、彼女が同窓会のことを知らなかったので、オレに連絡をしてくれないか?と言うのがその先生の用件だった。彼女は実家に連絡をしたが連絡がつかなったのだ。30年も経ってるとそんな感じで連絡のとれない友達が多い。でも、昔は想像もできなかった方法で連絡がとれたりもする。mixiやFacebookだ。元々この同窓会が実現したのもオレと水無月がmixiで再会したから。小中の同級生だったけど、そんなに話しをした覚えもない間柄。水無月がオレに声をかけなかったら、たぶんこの同窓会はなかった。だから水無月には感謝している。
で、先生から教えてもらった同級生に電話をしてみた。不在だったので名前と携帯を伝言した。敢えて中学の同級生とは言わなかったが、新井亘と言えば絶対わかると思った。夕方、彼女から電話がかかってきた。そしたら、なんとオレのことがわからないだとぉ!卒業アルバムを見ればわかると思うとか、ちょっとがっかり。まぁ、確かに彼女ともそんなに話しはしなかったけどさ。でもそれはないだろ?○山よ。電話後半では、あ、思い出したかも〜とか言ってたが、本当か?


posted by わたる at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45021263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック