2008年08月16日

群馬支部2008.08.16

練習日記群馬支部2008.08.16 09:00〜12:20浜川運動公園
参加者 石田、長井、福島、斉田、加藤親子、片山、関口
今回参加者多し!暑いけどそんなに暑くなくて、まぁまぁの練習日和。
面子的に打ち合える面子だし、体力のあるうちに組手をやることに決めた!
ジェットさんとこの出稽古でいろいろ課題をもらってきた福島くんと蹴りの得意な極真長井くんから。長井くんには蹴り多めに出してと注文し、スタート!初対戦&素手素面なので様子見ながら、だんだん上げていってと支持。長井くん蹴りうまし、福島くんは蹴りの良い間合いで留まりがちなところ、蹴りを受けた時に受けだけで止まってしまうところが気になった。蹴りの得意な相手には間合いを微調整して、間合いを詰めるか開くかする(オレとしては詰めるほうがお勧め)、受けるのであれば、蹴りを受けながら攻撃する。オレと長井くん。ビデオ撮らなかったので、見直せないのでどうだったかなぁ?福島くんに蹴り対策を見せようとは思っていたけど。次、石田くんと長井くん。石田くん、太気ベースだが、いろいろ(八卦、通背とかとか)試してる感じ。次、面つけてオレと福島くん。面ありなのでいつもよりちょい強めの打撃。面つけた時の利点:普段より強く打ちやすい(精神的に。素手で顔面打つのは遠慮してしまう人にも面があると打ちやすい気がする)。表面的な怪我はしにくい(首にダメージが来るけど)。欠点:死角ができる。少々打たれても平気だと思うと受けが甘くなる。全体的に大雑把な技になる傾向がある(気がする)。いろいろな練習の一環としてやるには良いでしょう。次、片山と加藤さん。加藤さん、通背の手技に空手時代(?)の蹴りを組み合わせてて良い感じ。片山は手は良いけど、蹴りイマイチ。うまく蹴りで意識を散らせると手も入りやすくなる。次、加藤さんセガレと斉田くん。セガレ、若いから勢いがある。習いたての三合炮で攻める攻める。前に出る気持は良い。左をもっと練習すると良いでしょう(ヒトの事を言えないオレ)。公園の芝(草か?)が結構伸びてきていて、組手の最中に足を滑らせる人がいたけど、そのあたりにも気をつけながら練習してください。いざという時に役に立つでしょう。
基本的な蹴りの受け(前蹴り、ロー、ミドル、ハイ)をする。受け単体で使わず、受けながら攻撃、若しくは次の攻撃を考えながら受ける。久々にビデオも撮ったので関係者には後で配布(配信)します。
その後は、いろいろ練習。長井くんが家の庭に生えてる棍として使うにはあまりにぶっとい木を切って持ってきたので、基本功をいくつか。
太くても良いけど、手が滑らせないと棍の技術が使えない(木の皮がついていたり、枝を払った根本が残っていたりで)。斉田くんが棍の回し方がよくわからないと言うので指導。「ここで反対回しになるんですか?」とかちょっと頭で考えすぎ。自然にやれば良いだけ。変に考えすぎて無理矢理やってもダメ。あんまり考えないで棍が回るのに体を合わせればできるでしょう。
時間になって、一応終了。その後も石田くんが福島くんにいろいろと技を伝授。いろいろ吸収して、自分の技術にしていってください。
posted by わたる at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記

2008年06月02日

自転車

ようやく自転車に乗れるようになったセガレ(小2)。
オレは小学校入学前に乗れるようになったから、ずいぶん遅いなぁって感じだけど
「無理矢理やってもダメ」という妻からのお達しを守ってたので。
サイクリングに行きたいというので先月は利根川沿いのサイクリングコースで県庁へ、別の日には同じサイクリングコースを逆方向へ。
で、昨日は「ばあちゃんちまで行くっ!」ってので、高崎下小鳥まで。
行きは遠回りになるけど17号高崎インターを回って井野川沿いのサイクリングコースで、2時間ちょいかけて到着。
後半泣き言がちょっと出たけど、コンビニでガリガリくん食べて復活!
実家で昼飯食って少し休んで、帰りは17号前橋インター〜ヤマダ電機〜の一番近そうな道で1時間半。
あとで距離を計ったら行きは15km、帰りは11kmくらいか。
セガレは小さいタイヤの自転車でよく行ってこれたよなぁ。
保育園時代によく遊んでカラダを鍛えたからだと思った。
この時期のサイクリングコースはかなり気持ちが良い。
川の音を聞きながら、風をきって下り坂をびゅーんと走るのは爽快!
今度は弁当持って群馬の森かな?
今のトコ武術には興味ないみたいだけど、とりあえず元気に遊んでます。
posted by わたる at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

2008年05月12日

読みたい本

最近セガレがよく本を読むようになってきた。オレも昔は本をよく読んでいたが、ここ数年は本を読むことはほとんどない。本どころか新聞さえも滅多に読まなくなっている。昨日ちょっと目にした新聞の天声人語で知った本を今久々に読んでみたいと思ってる。


天声人語
2008年05月11日(日曜日)付

 『わたしの母さん』という児童小説がある。小学4年の主人公、高子は算数が得意で、学級委員をしている。気がかりが一つ。明るいけれど、少し変わった母親のことだ▼月初め、母さんは日めくり暦の一枚一枚に封筒をはりつけ、千円札を2枚ずつ入れていく。毎日、その2千円を財布に移して生活に充てるのだ。高子は「ひと月分を同じ袋に入れておけばいいのに」と思うが、母さんは大きな数の計算が嫌いらしい▼さらに、連絡のプリントにはフリガナをつけてと学校に頼んだりもする。あきれる娘はある日、母が生後間もない熱病で知的障害を負ったことを知る。父さんとは養護学校高等部の同級生だった▼作者の菊地澄子さん(73)は養護学校などで教えてきた。この作品も体験が元だ。突然の真実に立ちすくみながらも、母を理解し、優しく伸びてゆく少女。20年前の初版は児童福祉文化賞を受けたが、出版元の廃業で絶版になっていた。06年、東京の出版社、北水(ほくすい)が新装版で復活させた。高子のモデルはすでに母になっているという▼作中に「人間の賢さっていうのは、その人が持っているちからを、どう生かしているかっていうこと」とある。母さんがずっと頼りにしてきた元担任が訪れ、親の「学力」を疑う高子を諭す場だ。母は泣いて告白する▼本の帯には〈お母さん、生んでくれてありがとう!〉。この瞬間にも、色んな人生を背負った母親たちが持てる力を振り絞っているだろう。きょうの母の日、その人が目の前にいてもいなくても、同じことばを贈りたい。


オレは高子のお母さんのような人たちとかかわる仕事をしている。特に20代の若い人達が多い。彼女や彼らが将来こんな体験をするかもしれないと思うとなんとも言えない気持ちになる。今の世の中、普通に暮らしてると障がいを持っている人とかかわることなんてほとんどない。だけど、障がいがあったって特別な存在じゃない。みんな同じ。泣いて、笑って、仕事して、遊んで、恋をして...。


オレの職場のwebから

ノーマライゼーションをめざして
ハンディがあっても住みなれた地域で暮らしたい。
自分の夢を実現したい。
そんなあたり前のことがあたり前に実現できること。
誰もが人として尊重され、輝いて生きることのできる社会。
一人一人がそれぞれの人生の主人公になれること。
それがすてっぷの願いです。
      − 1991年 すてっぷ発足理念より −
posted by わたる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい福祉の話題

2008年04月21日

泣かした

セガレもこの春小学2年生になった。
週末くらいしか、一緒にいる時間がないせいか、時折その成長に驚くことがある。
昨日ちょっとしたことで、セガレを泣かしたが、そのことでセガレの心の成長を知った。
カラダだけじゃなく、ココロもすくすく成長しているんだなと思った。
posted by わたる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

2007年09月17日

真剣勝負

もうすぐセガレの小学校の運動会。
セガレ曰く「リレーに出る」らしいので、ちっと稽古(オレはかつて陸上部)つけてやろうと早朝市民体育館横のグランドへ。
腕の振り方、腿の上げ方等、指導するも小学一年生には理解できず「自分のやり方のが早い」とセガレ。
ならば、実力を示してオレの言っている事が正しい事をわからせねばと勝負する事に。
とは言え、キッド相手。相当のハンデを与えねば勝負にならぬ。
結構なハンデを与えて、用意ドン!
まずい。ハンデを与えすぎたか、ゴールまでが短すぎたか。
何十年か振りにマジの全力疾走。
ゴール直前でセガレを抜きにかかる。
その刹那、トシのせいか、脚がもつれる(転びそう)。
しかし、ここで速度を落としては絶対勝てない。
もつれた脚のまま、速度をゆるめず倒れながら(一回転した)ゴール!
オレとしてはギリギリオレの勝ち。セガレが言うにはセガレの勝ち。
まぁ、引き分けってことにしてやるよ。
受け身をとったから、頭を打たずケガをしなかったんだぜ、とかっこわるい自慢をセガレにしつつ、
アスファルトで練習しなくて良かったよなと思った。
(練習前に、家の前(アスファルト)で練習したいというセガレに「タオがここで転んだからケガするからグランドに行こう」と言っていた)
posted by わたる at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

2007年08月28日

遠方より友来る 亦楽しからずや

日曜の練習に古くからの武術仲間が来てくれた。
一人はここ数年同じ公園で練習をするので割と会ってるけど(でも遠くから来てる)
もう一人は何年ぶりかな?かなり久しぶり。
オレが今こうして通背をやっているのはあの時、カレと出会ったから。

昔そいつとの出会いを書いたものをちょっと手直しして載せときます。

ボクは中学の時、陸上をやっていた。
3年間がんばったけど、大した成績は残せなかった。
同級生の中にそれほど練習はしないけど、背が高くて良い記録を残した友達がいて(走り高跳びをやってた)、陸上は努力よりも持って生まれた資質(身体とか)が左右するなぁと思った。
今思えば努力が足りなかったんだろうけど、当時はそう思って、高校に入ったら努力すればそれに見合った成果がある、もしくは自分の才能にあったなにかをみつけたいと思っていた。
高校に入る前の春休み、家でたまたま新聞を見てたら、中国武術(螳螂拳、太極拳)を市の武道館で教えると出ていた。
それを見たら、それがなにかはわからないけれど無性にやりたくなった。
それまで武術なんて縁がなかったし、自分から習い事に行きたいなんて言ったことのないボクにすれば意外なことだった。
そうして中国武術に出会った。
そこでは自分で言うのもなんだけど、ホント一所懸命練習した。
自分なりにそこそこうまくなったと感じたし、練習も楽しかった。
月水金の夜(放課後)、火木の朝(通学前)、日曜の昼に練習があって、その全てに参加していた(自転車で10数キロの距離を通った)。
でも、高校三年の夏、訳あって、そこをやめることになった。
その後、一人で練習を続けながら、良い先生をさがしていた。
大学2年の最初の授業の時、武術好きの友人(躰道部)と中国武術の話しをしていると前の席の男が振り返った。
2年になって、よその部から転部してきたヤツだった(ボクらは中国語学科)。
「君たち武術やってるの?」とそいつは話しかけてきた。
「武術なんてねー、大変なだけだよ。やらないほうが良いよ」と不敵な笑みを浮かべながら話してきたが、それは本心ではない事はわかった。
その次の授業は、選択授業の体育だった。ボクは柔道を選択していた。
柔道場に行くと、またそいつがいた。また武術の話しをした。
柔道が終わった後、「じゃあ、軽く組手でもやろうか」とそいつが言った。
二人で体育館の裏へ行き、組手をやった。
そいつは今まで見たことのない奇妙な動きから素早い威力のある攻撃をしてきて、ボクはボコボコにされた。
手も足も出なかった。
その後、お互いの技を見せ合ったが、同じ名前の技でも、そいつのとボクのとでは、速度も威力もまるで別物。
自分が今までやってきたこと全てが無駄なことに思えた。苦しかった。
いっそ武術をやめてしまおうかと思った。そのほうが楽になるかなと思った。
数日後、そいつと会うと「一生懸命練習してるみたいだから、ボクと一緒に練習しないか?」と誘ってくれた。
うれしかった。また基本からやり直そうと思った。その瞬間、目の前がぱっと開けて、晴れやかな気持ちになった。
それからは、毎日昼休みにメシも食わずそいつと練習した。(昼休み以外も時間があれば、どこでもやった)
圧腿、[足易]腿、架式、弾腿などをみっちりやった。(圧腿で爪先と口が付くまでになった)
そいつは、やはり高校の頃から武術を始めていた。
自分に合った門派を見つけるため、八極拳、通背拳、翻子拳、少林拳、意拳、太気拳など、いろいろな門派を練習していた。
一年間みっちり二人で練習して、翌年、武術サークルを結成し、仲間を増やした。
いろいろなやつらと交流した。組手もバンバンやった。
いろいろ経験するうちに自分がやりたいものが見えてきた。
そいつは太気拳(意拳)、ボクは通背拳を選んだ。
posted by わたる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 民間武術

2007年08月09日

2007.08.05 練習日記(高崎)

2007.08.05 練習日記(高崎)
参加者:まりねろくん、斉田くん
久々練習日記。
ちょっと前のまりねろくんは形に関しては大体良かったけど、威力と勢いがイマイチなとこが課題だった。
が、ここ最近、[才率]、拍に関しては、まぁまぁ威力も出てきて、その質もいー感じ(通背的な重さあり)。
ただ、鑽は[才率]、拍に比べるとイマイチ威力がまだ出ない。
[才率]、拍は腕の使い方がわかるとそこそこ威力が出るが、鑽は脚腰背肩まで協調できないと難しい。
あとは、まりねろくんに限らず、たいていの人に言えるけど、移動しながらの攻撃がイマイチ。
站状三合炮はできるけど、行状になるとバタバタしたり、站状で出来ていたような動きが出来なくなる傾向あり。
てなことを基本功しながら考えつつ、本日は行状練習をやろうかなと思いつく。
伸肩法終了後、藏花劈山炮(円を描くように歩きながら、[才率]、藏花、[才率]、穿、劈を打つ練習)。
その後、同じ歩法で[才率]のみ、拍のみ、穿のみなどをやる。
対練は歩き度の高い、引手、穿掌、外点手、転換掌、探背掌(歩法は蛇形歩+tuo歩)。
まりねろくん探背の威力イマイチ。[才率]で腕力(手首のスナップ)に腕の伸ばしを合わせるように、探背も最後の手首を打ち出すタイミングに腕を合わせる。あとは肘の固定。
移動に合わせての打撃をしようと思っていたけど、ここらへんから転換掌〜探背がイマイチなのが気になり、站状の転換掌+探背のみの練習に切りかえ。しばらく行う。
探背はミット打ちで思いっきり打つ練習も行うけど、生身を打つ・打たれる練習も必要。
ミットだと大ざっぱになりやすいから、微妙な力の入れ加減は、やはり生で(少々痛いけど)。
やってる時、まりねろくんから転換掌を受けられた時に肘が痛むけど、何が悪いのかと質問。
オレは転換掌で肘が痛くなった事がなかったので、いろいろ考えてみたけど、はっきりとはわからなかった。
考えられるのは、力を発するタイミングと受けられるタイミングの問題、あるいは打つ時の肘の角度かなぁ。
そんなこんなで練習は探背から転換掌にシフト。沾衣発力の話しなどしつつ、使い方へ。
五護八断の簡易版で敵の攻撃を上中の二つ(今回下段は考えない)に分類し、それへの転換掌での対応を練習する。
上段に対しては、斜め前方に踏み出しつつ、補手(横に流すタイプ)し、攻撃の下から交差するように転換掌。
中段に対しては、やはり補手(但し呑み込んで払うように。縮も使う)しつつ、攻撃の上から転換掌。
これを二人組で攻守を決めて(けど自由な動きの中で)行う。
この二つは使いやすくて好きな技(オレが)。
以前、見学・体験(剣道・防具空手の経験者)に来た人で最後に「組手お願いしますっ!」というやる気満々の人がいた。
防具(面、胴)持参で来ていて、それをつけての組手。(あまり防具は使ったことがなかったので、使うのはちょっとイヤだったけど)
相対するとやる気満々度が満ち満ちていて、何か狙ってるなとビンビン感じる。
その直後、猛烈な勢いで飛び込んで上段を打ってきた。
自然とこの技(斜め前へ交差しながらの転換掌)が出て、キレイに決まって相手はデーンと倒れた。
そんな感じで使えます。練習しましょう。
posted by わたる at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記

2007年05月20日

寝る前

昨年あたりから仕事が忙しかったけど、今年の4月から施設長(名ばかりな感じだけどさ)になってさらに忙しくなった。
早く帰るために朝早く出て仕事をしていたけど、そんなんじゃ全然追いつかなくて、結局帰りは10時とか11時とか。(17〜18時間くらい働いてる?)
家には寝に帰ってるような感じで、平日は起きてるセガレには会えない。
メシ食って(遅くてもちゃんと食う)風呂入って、布団に入って、暗闇の中、隣で寝てるセガレの手を手探りで探して、ぎゅって握って眠りにつくのが楽しみと言うか、ホッとするひととき。
小さい子の手を握るのが好きなんだよね。オレ。
まだしばらくは手を握れるだろうけど、いつかはそんな事もできないようになると思うとちょっとさびしいかな。
posted by わたる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

2006年11月13日

築山

セガレの保育園は親と園で子どもを育てる方針。
様々な行事の手伝いもガンガンあります。
「たまたま家が近くだからこの保育園にした」とかいう親にはただの面倒で大変な保育園でしょう。
でも、面倒で大変だけど、普通だったら見ることの出来ない子どものいろいろな事を見ることが出来たり、考えたりすることができます。
先日は父母会作業として、建物の古くなった箇所の修理などをしてきました。
写真は園庭にある築山がずいぶん低くなったので、高くする作業です。
建築系会社の親がユンボを持ってきて、高くするする!
その後、スコップで整形して完成!
休み明け、園に来て築山を見て大喜びで登る子ども達の顔を想像するとうれしくなります。
今週末は園でバザー。
目玉はつきたての餅でつくる「あんぴん」(あんこの入った餅)
これがスゲー売れます。
なので、餅もスゲー必要です。
もちろん、杵と臼で搗きます。
毎年、握力がなくなって箸が持てなくなるくらい搗きます!

267739541_189.jpg


267739541_142.jpg

posted by わたる at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題

2006年11月12日

続竹登り

ヤツらの後日談
左と真ん中の写真
竹登りで味をしめたヤツら。
何でも登りたい。
園の廊下に立ってるぶっとい柱にも平気で登る。
登りすぎてペンキが剥げて、ささくれて危なくなってしまったので、「この柱登るの禁止」の貼り紙。
(セガレの保育園は読み書きを教えない清く正しい保育園なため注意書きもイラスト)
しかし、張り紙してないとこは登る。
右の写真
竹登り修行に使った木に縛り付けた竹(新しい竹になってる)。
登るたびに葉っぱを1枚とって、それを集めるヤツもいた。

267033504_133.jpg


267033504_42.jpg


267033504_148.jpg

posted by わたる at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの話題